towa et toi

『永遠に君とともに』

トワエトワは
共に寄り添い、つながり、信じあえる
永遠の愛のカタチ

日常に溶けこむシンプルで奥ゆかしい
デザインは
愛につつまれることよって
ぬくもりや安らぎを覚え
ゆっくりとした時の流れを実感させてくれる

歩みはじめた2人のカタチは小さく
点や細い線かもしれない
しかし、やがては面になり
愛につつまれた世界をカタチにする

トワエトワとともに

温もりを大切にする指輪づくり

トワエトワはつながりや寄り添う心をカタチにしています。
愛のカタチは皆それぞれ異なります。ですから結婚指輪、婚約指輪は手づくりで1品1品丁寧に仕上げます。手づくりから生まれるごく自然でシンプルな曲線は温もりを感じさせ、トワエトワの大切なエッセンスの1つとなっています。

つながる思いとカタチにする技術

工房から見える四季折々のアルプス山脈や富士山、気候/気温や風・雲の変化は時のつながりの中で小さな違いを感じさせてくれます。
気温や湿度といった自然の変化に工具も影響を受けます。トワエトワの職人は「今」の感覚を大切にして、機械だけでは到達できない繊細な加工や仕上げを丁寧に手作業で行います。見える部分だけでなく、肌に触れる指輪の内側部分も指にしっとりとなじむ角度に加工したり、1㎜以下のミル打ち加工やダイヤモンドをセッティングしたりと、繊細で細かい仕上げは手づくりのなせる業です。

それらの高度で繊細な技術は、江戸末期、明治、大正から受け継がれた宝飾産業の伝統技術を踏襲し、現代にフィットした手法に変化させることでトワエトワの思いをカタチにしています。

途切れることのない時の中で、小さいな変化を感じつつ新たなカタチをつくり続けたいと思っています。

エンゲージリング MT329AB 真横

地金と表面仕上げ

地金や表面仕上げにはいつくかの種類がございます。お好みの仕上げや地金の種類によって2人の愛のカタチがさらに際立つことでしょう。

トワエトワ・4つの地金

K18YG(イエローゴールド)、K18PG(ピンクゴールド)、K18WG(ホワイトゴールド)、Pt950(プラチナ)の4種類の貴金属地金から選ぶことができます。

地金 K18YG(イエローゴールド)

K18YG

K18イエローゴールド
華やかさとファッション性に優れ日常的にも身に着けやすい素材です。

地金 K18PG(ピンクゴールド)

K18PG

K18ピンクゴールド
ゴールドにほんの少しピンク色がかかった色味で優しい印象です。日本人の肌色にもなじみやすい素材です。

地金 K18WG(ホワイトゴールド)

K18WG

K18ホワイトゴールド
ゴールドにロジウムメッキ加工を加え繊細な白い輝きが明るく軽やかな印象を与えます。

地金 プラチナ950(ハードプラチナ)

Pt950

プラチナ950(ハードプラチナ)
控えめな美しい輝き。ダイヤモンドの美しさととても相性がよくひときわ互いを輝かせます。

トワエトワ・5つの表面仕上げ

グロス、マット、ヘアライン、ダイヤモンドバー、スターダストの5種類の表面仕上げから選ぶことができます。

※商品によって加工の施せないものもございます。

表面仕上げ グロス(鏡面)

グロス

表面をピカピカに仕上げます。一番定番の仕上げ方法になります。

表面仕上げ マット(ホーニング)

マット

光をおさえたマット加工です。小さな粒子を吹き付けて細かな跡を金属表面に付けています。光が乱反射することにより優しい印象になる仕上げです。

表面仕上げ ヘアライン(マット)

ヘアライン

細い横線の跡を金属表面に付けていくマット加工仕上げです。平面タイプのリングはよりシャープな印象となり、スッキリとカッコイイ印象になりますので男性に人気の仕上げです。

表面仕上げ ダイヤモンドバー

ダイヤモンドバー

小さく砕いたセラミックや小さな工業用ダイヤモンドの粉で粗く磨き上げる方法です。ヘアラインよりもさらに強い印象の仕上げになります。

表面仕上げ スターダスト

スターダスト

”人とちょっと違うものが欲しい”星をちりばめたような”キラキラ”と優雅な輝きを放ちます。オシャレな印象の仕上げです。

ロゴ入りオリジナルジュエリーボックスとショッパー

JEWELRY CASE & SHOPPER

ご購入いただいた商品は、トワエトワのロゴ入りジュエリーケースにお入れし、お客様のお手元まで大切にお届けいたします。

TOPへ戻る